働く女性の武器は「笑顔」「コミュ力」そして「ペットホテル」

プレディクティブダイヤルによる発信機能

2018年12月19日(水曜日) テーマ:コールセンターシステム

プレディクティブダイヤルによる発信機能が発信効率を飛躍的に向上させます。ただし、発信した際に「どのタイミングで発信を完了とするか」、「なぜ発信は完了したのか」といった認識機能が不可欠となります。

 

「どのタイミングで発信を完了とするか」。コールセンターシステムによる発信が不在番号を鳴らしている可能性もあるため、何コールで発信完了とするか、といった機能が必要となります。この機能が無いとコール時間が極端に短いといった弊害も起こり得ます。

「なぜ発信は完了したのか」。話中であったり未使用番号に発信することもしばしば起こり得ます。アポインターが判断していたこれらの対応を、コールセンターシステムが自動で判断することで次々に発信の動作が可能となります。

 

コールセンターシステムの機能的役割とは、アポインターに通話をさせる事が最優先事項と成り得ます。先に上げた機能を満たし、アポインターの通話をサポートする機能が備わっている事が、コールセンターシステムの機能的役割と言えます。

コールセンターアウトバウンドのことなら、迷わずオープンコムへ。